30代、キャリアアップの為に転職エージェントを活用する

 

今や「35歳転職限界説」は大きく覆され、企業が必要な人材とみればシニアの活用なども盛んです。転職エージェントを利用した求職活動では多く2,30代を支援すると謳われています。30代からはそれまでの職歴で培った自分を、積極的にエージェントに開示していきましょう。

■転職エージェント併用でモチベーションを高める

30代での転職活動は、それまでの職歴を活かしてより業務の専門性を高めたい、年収アップしたい、或いは思い切って自分の希望する職種に転職したい…など、動機が様々。そして転職エージェント利用のボリュームゾーンも30代の為、フルタイムの正社員経験があれば登録をする事により、比較的簡単に職業紹介を受ける事が出来ます。それは大手転職エージェント程顕著です。


転職エージェントによっては、リストのような形で様々な仕事を矢継ぎ早に紹介してくれる事もあります。沢山のデータの中から自分が本当に希望する仕事を見つけ出す為には、やはりキャリアアドバイザーとの面談時に「自分がどういう人材か」を開示する事が必要です。この時後手後手になるとキャリアアドバイザーの紹介も焦点がぼやけ、なんとなく散漫な職探しになります。
どのような年代の求職者でも、最低2~3社の転職エージェントを利用すると言われていますが、大手で流れ作業的な要素が強いエージェントのみではこの「求職者として埋もれてしまう」漠然とした不安を感じるかと思います。


専門職などで深い知識を持っている人材の場合、やはり多くの案件を抱えるエージェントと自分の専門分野に詳しいエージェントを併用していく事が安心です。双方からそれなりに見どころのある求人を紹介された場合、モチベーションも保てます。

■「年収アップさせたい」は、立派な転職理由の一つ

30代ともなると、その後の充実した人生の為にも「お金」の必要性は高まります。また、転職理由が何らかの理由で年収の頭打ちが来るからという人も多く、その場合「年収アップ」は最もプライオリティの高い転職理由になってくるかと思います。


しかし、それまで専門的な仕事に就いていればいる程、なんとなく「年収アップ」を企業に言い出せずうやむやのまま30代で転職してしまい、持ち出しが増えてしまうという場合も見受けられます。


その点、転職エージェントを利用すると、年収のみならず即物的な福利厚生について忌憚のない希望をアドバイザーに伝えられます。キャリアアドバイザーは企業の人事担当と異なり「それが仕事」でもある為、あいまいな表現をしなくても求職者の希望を率直に調整してくれます。その点を意識して、転職時にはノートなどに希望をプライオリティの高い順に書き出してみると良いでしょう。


年収ベースアップには、自分がそれまで「幾らの人材だったか」の客観的な認識が必要です。月収ベース、年収ベースいずれも、向こう二年ほどでどれだけの賃金を貰い何の仕事をしてきたかを、まず図などに起こしてみると有意義です。親切な転職エージェントではそのようなチャートづくりをセミナーで行っている場合もあります。


近年重要視されているファイナンシャルプランニングなどと同じく、自分の人生に対して意識をしっかりと持ち、明確に書き出してみればみるほどその後の展望も描きやすくなります。お金の事や時間の事は臆せず図式化してみましょう。

■アドバイザーは「職探しのプロ」であることを認識する

キャリアアドバイザーに接すると、良くも悪くも「人と職を冷徹に見る」事のプロが居る事を感じさせられます。大手転職エージェントのアドバイザーは概して親切であり、人当たりもごくビジネス的に柔らかいものですが、それはあくまでも表面上の事であり深部にあるのは相手先企業と人材の収支をはかる姿勢です。


30代の転職者で特に専門職やクリエイティヴ職についていた人程、このキャリアアドバイザーの的確さに触れると人材としてのトータルバランスについて意識させられます。その時、専門的な深化に加えて仕事全般が近視眼的にならないよう、プラスの方向に調整してくれていると考えると穏やかに転職出来ます。


派遣業のような純然たる仲介役と異なり、最終的には正規雇用で長期的な利益をもたらす人材を紹介するのが多くの転職エージェントの仕事です。中にはその場しのぎの事を言う人も居ないわけではありませんが、疑ってかからず信頼関係を大切にすれば、詳細な企業情報を手に入れる事が出来ます。


転職支援の名目で様々な調整が入りますが、それらに不明点がある時も早めに伝えるのがベスト。例えば案件を多く抱えるアドバイザーでは電話連絡などが遅れる事などもあります。企業と直のやり取りでない点、意志疎通は自分の言葉でこまめに行っておいた方が精神衛生上も良く、いざ本番の面談時に本領が発揮できます。ソツなく率直な意見を伝えながら求職活動を行うのが、30代からの転職エージェント活用を成功させるコツです。


それが出来れば玉石混合の情報の中から徐々にノイズが消え、自分にとって有意義な情報が引き出せるようになります。

■30代からの「雇用のミスマッチ」は厳しい

複数社の転職エージェントに登録すると、エージェントによりアドバイスの密度に差がある事を感じさせられます。その中でどのエージェントを最終的に利用するかを考えた場合、「雇用のミスマッチ」をなくす為、相手先の企業についての情報を出来るだけ開示してくれる企業に落ち着いていきます。


どの業界にも「営業会社」や「営業体質」は存在します。面接や案件の提案だけが先行してしまうと、その中からどこかに決め込まなければいけないような感覚を持ちますが、転職者という立場からすれば、言うまでもなくその先のビジネスライフを円滑に過ごす事が重要。エージェントとの打ち合わせ段階で求められているものと自分の技能を調整し、相手にとっても自分にとっても負担と温度差の無い転職が出来る事が幸福です。


30代に有利な転職を多く手掛け、ランキングなどでも人気の転職エージェントは、この「雇用のミスマッチ」を出来るだけ無くしてその場しのぎではない対応をしているという特徴があります。ミスマッチをなくす為には自分からも情報を伝える事が必要ですから、信頼できるエージェントだなと感じた時は出来るだけ忌憚のない部分を話していきましょう。