大手転職エージェントを比較

 

キャリアアドバイザーから転職のコツを教えてもらえる便利な転職エージェント。どのエージェントが良いのか? 悩んだときは大手を中心に、特色を比較してみるのがお勧めです。


転職希望者は職種を問わず、最低2~3社の転職エージェントを利用しています。大事な履歴書を預ける前に、評判とキャリアコンサルタントの質を見極めましょう。

■さすが大手の安定感! 「リクルートエージェント」

転職活動をする際、リクナビネクストなどの求人サイトを利用するという方は多いのではないでしょうか。スカウトシステムを利用するとかなり高い確率でプライベートオファーをくれるのが、最大手のリクルートエージェントです。


特色と言えばとにかく紹介してくれる案件が多い事。在職のまま仕事を探す際でも安心感があります。そして職務経歴に自信がないという方でも、データをもとに何らかの案件を見つけてもらえる率が高いです。専門に特化した職探しをしている人が2社目のエージェントとして登録する事も多く、やはり就職にはオールマイティーのリクルート系列の強みを感じさせられます。


反面、紹介される職は玉石混合の場合もあり、感覚を研ぎ澄ませて自己判断するカンも必要。未公開求人も多い為、紹介されたものの中に「コレ!」という案件があった場合社内状況なども含めて積極的に質問しましょう。


沢山の案件を抱え並列して人材紹介を行うため、コンサルタントについても「自分専属」という意識は持ちづらく、転職者としての印象を上げるためには自分からハキハキと行動する事も必要です。しかし生き馬の目を抜く転職市場でコンサルタントへ好印象を与えられれば、転職成功へのステップを一歩登ったも同然。肩慣らしをしながらの転職活動が行えます。

■専門職にも強い「マイナビエージェント」

新卒に強い就職サイトとして定評のあるマイナビ。転職ではそれほど知名度がありませんでしたが、近年マイナビエージェントの強みに人気が集まり、登録者も増えています。


その強みはマイナビエージェント独自の取り扱いをしている、独占求人企業が多い事。専門職やユニークな求人もあります。また、エージェント間の競争内で業界地位を高めようという意識が高く、キャリアアドバイザーも生え抜きの「転職のプロ」が多いのが特徴です。 特に第二新卒の方は、そのきめ細やかで長期的なアドバイスに信頼感を持ち、比較的短期でスパッと内定を取れる事が多いようです。


どんな転職エージェントでも必ず用意している面接力アップのアドバイスと履歴書添削。マイナビエージェントではリクルートエージェント程ひっきりなしの案件紹介ではない為、じっくり自分の良さを引き出して貰いたいという場合にはアドバイザーと腹を割って話をし、虚心に今までの自分を見つめ直すと良いでしょう。


雑多な情報に煩わされたくないという人にとって、紹介企業を引き絞って的確なアドバイスをくれるエージェントは大切な存在です。それまでの転職活動の中であまりマイナビグループを意識した事がなかったという方も、非公開求人を含めて「適職」を短距離で見つけたいという場合に登録をお勧め出来るエージェントです。

■老舗の自信で落ち着いて転職できる「アイデムスマートエージェント」

リクルート系媒体と並び長く信頼されてきた求人情報誌「アイデム」。40年以上の実績のある求人媒体運営会社です。それまでに築いてきた安定の地盤が大きく、中高年の方の転職活動にもきめ細やかな対応をして貰えるのが特徴です。かつての「35歳転職限界説」が大きく揺らぎ、専門職は40歳から、シニアも賃金さえ妥協すれば充実感のある仕事に就けるというのが業界定説になりつつあります。そんな状況下で親切なヒアリングと肌理の細かい対応をしてくれる転職エージェントは頼れる存在。営業系のコンサルは受けたくないという転職者にもお勧め出来ます。
 アイデムスマートエージェントは、このコンサル時の親身な対応を自社のセールスポイントとしており、ホームページ上には「選考に通過しやすい求人だけでなく、希望を最大限尊重した求人を紹介する」という点が謳われています。


 転職時にありがちなのが、先を急ぐあまり「受かりそうな企業」中心に探してしまうという点。知らず知らずのうちにハードルを下げ、同時に自分の市場価値を下げてしまうのがこのタイプの転職です。そんな落とし穴を避ける為にも、アイデムスマートエージェントに登録をし、親身な転職支援を体験したいところです。

■転職というジャンルを知り尽くした「@Typeの人材紹介」

求人市場の中で、@Typeは94年にビジネス展開した当初から新卒ではなく転職を多く手掛ける媒体でした。様々なジャンルの「転職者」と接し展開される転職エージェントが「@Typeの人材紹介」です。比較的首都圏の仕事に限定されてしまうところが難点ですが、首都圏でより良い条件の仕事に就きたいという人が登録するにはお勧めです。


転職の動機として大きいのが「年収をアップさせたい」というもの。生活の為に割り切って仕事をしている人程プライオリティーの高い項目です。その割に転職時には構えてしまい、相手先企業には伝えにくく、つい「きれいごと」を言ってしまい後から後悔したというケースも多いようです。
しかし「転職」の意義を知り尽くした@Typeが母体の転職エージェントならでは、「年収アップ」がメインの切り口になっています。


コンサルタントが企業と年収交渉をしてくれるという点、面接時に自分がガツガツしなくて済む為とても気が楽です。それまでの職歴から割り出して更に高い年収をステップアップの証にしたいという場合、約71%の人が年収アップに成功しているという@Typeの実績は確かなものです。キャリアコンサルタントには長期的なスパンで生涯年収についても相談できる点が魅力。転職を機に是非お金の事を見直しましょう。

キャリアアップの為の転職は、泥縄式にならず自分が転職先でどうなりたいかを明確にする事が必要です。 転職エージェント利用時にも、自分がそれまで培ったスキルを見失わない事が重要。その点、大手の転職エージェントは営業ベースだけで転職支援を考えていません。登録すれば職歴の棚卸をする際、転職のプロならではの本音を聞き出せます。その点「大手である事」をまず信頼してみるのも転職成功の秘訣。サイトをよく比較し、自分に合ったエージェントを選びましょう。